簡単に出来るトレーニング

膣圧をセルフチェックしてみよう

自分の膣がゆるいかどうかを見極める際は、簡単に行える膣圧のセルフチェックを行ないましょう。膣がゆるくなるということは、膣圧が落ちるということになります。それは膣周辺の筋肉が衰えている、筋肉量が低下していることを表しているので、ぜひセルフチェックを行なってみると良いでしょう。問診形式でチェックを行なったり、実際に自分の指を膣に挿入してゆるさを確かめる方法がありますよ。

自分で膣を鍛えてみよう

実は締まりの良い膣にするのは難しいことではありません。子宮などを支えている骨盤底筋を鍛えることによって膣圧を高めることができます。ですので、婦人科形成クリニックへ通いにくいと感じている方は、まずは自分で行なえる膣トレから実践してみてはいかがでしょうか。

色々な膣トレ法をチェックしてみよう

現在では女性の間で膣トレを行なうのが密かな話題になっています。実際に、体操、グッズ、エクササイズなど色々な方法の膣トレがあります。トレーニングをする場合は、まずトレーニング方法などを把握してから自分に適したものを探しましょう。膣トレを習慣づけて行なうことがとても重要になりますよ。

今すぐ行える!自宅で可能な人気の膣トレベスト5を大発表

女性

膣トレ体操

初心者でも気軽に行えるとのことから一番人気を集めている膣トレ体操です。体操の中でもケーゲル体操が簡単に行えると話題で、毎日無理なく続けることが出来ますよ。このケーゲル体操には立ってやる方法や仰向けでやる方法など、様々なバリエーションがあるので自分がやりやすい方法も見つけやすいです。

膣トレグッズ

膣トレの中には専用のアイテムやグッズを使用して行なう方法もあります。膣トレ専用のグッズの一般的なものは、膣内に挿入して骨盤底筋を鍛えて膣を引き締めていきます。膣トレ体操など毎日続けることが出来ない人向きで、グッズの種類も色々あるのが特徴です。

膣トレ専用マシン

もっと手軽により効果がある膣トレを行ないたい人には膣トレ専用マシンがおすすめになります。服を着たまま椅子に座ってマシンを使用するだけで、骨盤底筋を鍛えることが出来ます。気軽に行えることが人気の1つになります。

姿勢を整える

膣を引き締めるために意外と重要になるのが、正しい姿勢をキープすることです。立ち姿勢や座り姿勢のときでも背筋が曲がらないように、ピンと伸ばして過ごしましょう。普段から習慣づけることで確実に膣を鍛えることが出来ます。

スクワットを行なう

ダイエットに有効なイメージのスクワットですが、膣トレにも効果を発揮することが出来ることで人気になっています。スクワットでは主に下半身を鍛えることが出来ます。毎日続けているとお尻やお腹周りが引き締まるだけではなくて、膣圧を高めることが出来るので一石二鳥でしょう。